落ち着いてマイペースで「詩」を書いています。
お時間のある時におこし下さい(^_^)
詩うたいの独り言
10/19「衣替え」掲載
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気紛れ詩歌いの勉強会

天賦留(てんぷとどむ・てんぷる)です。自称Webミンネゼンガー(吟遊詩人)です。凝り性による多忙につきほぼブログ発信のみとなります。ご了承下さい(-_-;)読み逃げ歓迎(笑)

短歌の練習教材として百人一首の本歌取りもどきを書いてみた⑳096~100

このブログ企画の趣旨

百人一首本歌取りもどきの説明 - 気紛れ詩歌いの勉強会


ではお楽しみ下さい。



本歌096
入道前太政大臣

花さそふあらしの庭の雪ならで
ふりゆくものはわが身なりけり

本歌取り096

花ならで庭葉でさそふ虫へ罠
ウツボカズラの君に喰はれし





f:id:tenpurusan:20150825230433j:plain

本歌097
中納言定家(百人一首の編纂者藤原定家)

来ぬ人を松帆の浦の夕なぎに
焼くや藻塩の身もこがれつつ

本歌取り097

身こがれし最終まで待つ来ぬ人を
靴置いていくシンデレラ号に





本歌098
従二位家隆

風そよぐならの小川の夕ぐれは
みそぎぞ夏のしるしなりける

本歌取り098

風冷しせせらぐ小川雪どけを
梅花が我に置き紙したり





本歌099
後鳥羽院

人もをし人もうらめしあぢきなく
世を思ふゆゑにもの思ふ身は

本歌取り099

世を思ふゆゑに物思ふ陰の恋
書きかけ未送信フォルダ詰まる





本歌100
順徳院

百敷や古き軒端のしのぶにも
なほあまりある昔なりけり

本歌取り100

取り壊し軒端のしのぶ寄り添って
末見届けし主の代理






本歌取り分のみ
copyright 2015 tenpu-todomu


意味はこちら(外部サイト)


このような体制で紹介していきます。
ご意見ご感想
「私の方が上手く書けます」
という方は見本を
お待ちしています。


スポンサーリンク


.