落ち着いてマイペースで「詩」を書いています。
お時間のある時におこし下さい(^_^)
詩うたいの独り言
10/19「衣替え」掲載
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気紛れ詩歌いの勉強会

天賦留(てんぷとどむ・てんぷる)です。自称Webミンネゼンガー(吟遊詩人)です。凝り性による多忙につきほぼブログ発信のみとなります。ご了承下さい(-_-;)読み逃げ歓迎(笑)

百人一首本歌取りもどきの説明

今回の企画ブログの趣旨

私天賦留は2015年に入ってから短歌を始めています。
そのような短歌初心者が詩の勉強のために親しみのある百人一首を活用して新たなる世界を造りだそうとしています。
様々な意味で身の程知らずの企画とは思っていますが長い目で見ていただけますようよろしくお願いいたします。
なお後々の事を踏まえて敢えて逆から書き始めていきます。
初回が⑳で次回は⑲としてカウントダウン形式とします。
そして掲載方法。
百人一首の本歌(元の歌)と本歌取りもどき*1の自作短歌とを5首づつ紹介していきます。


参考文献

f:id:tenpurusan:20150829114030j:plain

f:id:tenpurusan:20150917223504j:plain


本歌取り」の本来のルール

f:id:tenpurusan:20150829215444j:plain



ただし私の行う本歌取りもどきは本歌の一部をつぎはぎして書いておりますので念のために「もどき」と表記しています。

その事を踏まえて長期連載、よろしくお願いいたします。

*1:よくよく見直してみると本歌取りのルールからは少し外れていると思っているため


スポンサーリンク


.