落ち着いてマイペースで「詩」を書いています。
お時間のある時におこし下さい(^_^)
詩うたいの独り言
10/19「衣替え」掲載
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気紛れ詩歌いの勉強会

天賦留(てんぷとどむ・てんぷる)です。自称Webミンネゼンガー(吟遊詩人)です。凝り性による多忙につきほぼブログ発信のみとなります。ご了承下さい(-_-;)読み逃げ歓迎(笑)

艶った紫陽花に萌える鉄女ー第4回「短歌の目」6月作品

おはこんばんちは(^_^)



第4回「短歌の目」6月のお題および投稿作品一覧です - はてな題詠「短歌の目」



今回はシンプルにどーんと発表(^_^)



1.青

彼方まで続く青空
潤む哀
笑顔の貴女と破った手紙



2.梅

家族旅行
南部梅林観てからは
息子の偏食一つ改善



3.傘

忘れ物
水玉小傘届け出た
持ち主見たら
「肩出てるけど」



4.曲がり角

道迷い曲がり角越え古屋敷
見とれた後知る飛田遊廓



5.しそ

合唱コン「しそ」のフレーズ声出ない
低音パートに強制異動



6.紫陽花

小雨道
艶った*1紫陽花 熱視線
水無月生まれ 薄紅頬っぺ



7.つばめ

ふざけあい つばめ返しで倒された
シーツのリングで逆転成功



8.袖

雪化粧萌え袖タイツで白吐息
口紅になって「吹きかけられて~」



9.筍

あく抜きに苦戦し続けやっと炊く
筍ご飯で母の苦を知る



10.たらちねの【枕詞】

たらちねの母は鉄女のバトラー姐
バリバリ走った10歳末まで






copyright 2015 tenpu-todomu






f:id:tenpurusan:20150604075311j:plain







解説は例により後日ゆるゆる解説。




ではではまた(^_^)

*1:「つやった」と読んで下さい。「つや」のあるものという勝手な造語。個人的に気に入った表現です。


スポンサーリンク


.