落ち着いてマイペースで「詩」を書いています。
お時間のある時におこし下さい(^_^)
詩うたいの独り言
10/19「衣替え」掲載
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気紛れ詩歌いの勉強会

天賦留(てんぷとどむ・てんぷる)です。自称Webミンネゼンガー(吟遊詩人)です。凝り性による多忙につきほぼブログ発信のみとなります。ご了承下さい(-_-;)読み逃げ歓迎(笑)

詩No.7―粒子の襷リレー

f:id:tenpurusan:20150101221732j:plain


僕は 地球からすれば
小さな小さな 粒子です
取るに足らない 存在さ
何処にでもいる 存在さ



そんな僕は 先祖から
遺伝子の 襷リレーで
この世に命 授かった
道を今でも 走ってる



時には 迷いこみながら
時には フラフラになりながら
粒子の灯 絶やさぬように
何とか襷 繋いでく



今 他人に抜かれても
それは 一時的な事
粒子を 連鎖する為に
ひたすら リレーするのみさ



copyright 2005-2015 tenpu-todomu



.


P.S. この詩を何故元旦に掲載したのか?
それは明日になれば判ると思います。
でもタイトルで判る…でしょうね(笑)
今回から詩の区分はNo.を付加して整理していきます。
前回までの詩も編集で付加していきます。
ではでは今日はこれにて。


スポンサーリンク


.