落ち着いてマイペースで「詩」を書いています。
お時間のある時におこし下さい(^_^)
詩うたいの独り言
10/19「衣替え」掲載

気紛れ詩歌いの勉強会

天賦留(てんぷとどむ・てんぷる)です。自称Webミンネゼンガー(吟遊詩人)です。凝り性による多忙につきほぼブログ発信のみとなります。ご了承下さい(-_-;)読み逃げ歓迎(笑)

家庭用電波も自主管理の時代・無線LAN(Wi-Fi)「ただ乗り」逮捕

こんばんは(^_^)


我が家ではパケット通信節約等の理由で無線LAN(Wi-Fi)を利用していますが……

マジですか?


恐いよこの手の犯罪は……



無線LAN「ただ乗り」で初逮捕…不正アクセス : 社会 : スポーツ報知


例により引用文から。

無線LAN「ただ乗り」で30歳無職男を再逮捕

他人の家の無線LANを勝手に使う「ただ乗り」をしたとして、警視庁と愛媛県警は12日までに、(無線通信の秘密漏)の疑いで、松山市の無職藤田浩史容疑者(30)を再逮捕した。

警視庁によると、これまでただ乗りを利用した犯罪が立件されたケースはあった が、ただ乗り自体を立件するのは全国初。 無線LANはWiFi(ワイファイ)と呼ばれ普及が進むが、セキュリティーが甘いと犯罪に悪用される恐れが指摘されている。
ただ乗りすると接続者の身元が特定され にくくなる。
藤田容疑者は昨年2~6月、 少なくとも90回以上ただ乗りを繰り返していたとみられ、遠隔操作ウイルスを送ったほか、他人のインターネットバンキング のIDを不正取得したとして、不正アクセ ス禁止法違反などの罪で公判中。

再逮捕容疑は昨年6月11日、総務相の 許可なく自宅で無線局を開設し、数メートルの距離にある民家の無線LAN のパスワードを入手して無断で接続した疑 い。

「他人宅の無線ルーターに接続していたわけではない」

と容疑を否認している。

警視庁は、パスワードが電波法上の無線 通信の秘密に該当すると判断し、立件に踏み切った。

藤田容疑者は、ネットオークションで高 出力の無線アダプターを購入して無線局を開設。この民家の無線LANは一部が暗号化されパスワードがかかっていたが、無線局でデータを傍受し、解析ソフトを使いパスワードを入手していたという。

逮捕された容疑者が、より軽いと見られる罪で再逮捕されたことに関して、インターネット事情に詳しいITジャーナリスト・井上トシユキさんは
「パスワードを解析したというのは、家の鍵を壊して中に入るようなもの。この行為が器物損壊にあたるという見解を持つ法律専門家もいます」。
それに加え、ただ乗りした上での犯罪も増えていることから
「一種の見せしめという意味もあるのでは」
とみている。


自宅の無線LANに、ただ乗りされるのを防ぐ方法については
「とにかく、パスワードを複雑にするしかありません」。
現在1万円程度で市販されているソフトを使用すれば、数字4ケタのパスワードは約1秒で解析されてしまうといい、
「英語と数字を交ぜ合わせた10文字以上にするべきです」
と井上さんは話している。


我が家のWi-Fiは暗証番号が英語と数字とがランダムに混じった12文字。

それでもやはり心配は心配ですよ。

暗証番号解析ソフトなんて犯罪でしか使わないソフトを作る奴の神経おかしいよね(怒)

普段安全と思っている家庭用の電波が犯罪に利用されてしまったら

泣くに泣けない。

少し前のパソコン遠隔操作事件といいwebの世界の危険性、一段と増してきています。

我々にとっても他人事ではありません。

ブログを利用している身として、webの危険性を充分承知して気を付けなければと改めて感じました。



セキュリティ、大丈夫かな(-_-;)



睡魔が………


ではではまた(^_^)


スポンサーリンク


.