落ち着いてマイペースで「詩」を書いています。
お時間のある時におこし下さい(^_^)
詩うたいの独り言
10/19「衣替え」掲載
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気紛れ詩歌いの勉強会

天賦留(てんぷとどむ・てんぷる)です。自称Webミンネゼンガー(吟遊詩人)です。凝り性による多忙につきほぼブログ発信のみとなります。ご了承下さい(-_-;)読み逃げ歓迎(笑)

反対が賛成を上回ったので大阪都構想はなくなりましたがそれでも大阪府と大阪市との事業統合は進めて欲しい

おはようございます(^_^)


今日はやはり大阪都構想住民投票の結果について、です。


大阪市における特別区の設置についての投票
開票速報
大阪市選挙管理委員会より↓


http://www.city.osaka.lg.jp/contents/wdu240/sokuho/kaihyo_data_10.html

大阪市における特別区の設置についての投票 開票速報‖大阪市選挙管理委員会


賛成 694,844票
反対 705,585票


49.6%対50.4%という僅差ではありましたが特別区設置はなくなり政令指定都市大阪市は存続します。


個人的には時期尚早の住民投票だったと思っています。


根本は大阪府と大阪市との不仲から派生した「大阪都」構想は必要?不要? - のほほん気紛れ詩歌い



大阪都構想はなくなり橋下徹大阪市長は任期満了での市長引退を表明しました。

これで終わっていいのでしょうか?

根底が大阪府大阪市の行政機関の不仲による無駄の排除であるならば大阪都に拘らずとも事業統合で行政のスリム化は出来ると思います。

またやらないとこれまでの流れが無意味になります。

その事を決して忘れず行政のスリム化を推進して下さい。

今回の住民投票が無意味なものにしない為にも。

大阪府民である僕はそう願います。

その為の監視は僕なりにします。





ではではまた(^_^)


スポンサーリンク


.