落ち着いてマイペースで「詩」を書いています。
お時間のある時におこし下さい(^_^)
詩うたいの独り言
10/19「衣替え」掲載

気紛れ詩歌いの勉強会

天賦留(てんぷとどむ・てんぷる)です。自称Webミンネゼンガー(吟遊詩人)です。凝り性による多忙につきほぼブログ発信のみとなります。ご了承下さい(-_-;)読み逃げ歓迎(笑)

「funny」な桜花賞回顧ー惜敗続きを糧にして桜花賞馬となったレッツゴードンキとプレッシャーに負けた一番人気馬ルージュバック

おはようございます(^_^)


昨日の桜花賞

スタートして暫くしてからレッツゴードンキが何となく風に先頭にたった時、僕は既にほぼ(馬券的に)諦めてテレビ画面を見ていました。
テレビ画面で見る流れと1000m通過時のタイムの情報(超スローペース)が入った時、
完全にレッツゴードンキの勝利とルージュバックの大敗を察知しました。


【桜花賞】レッツゴードンキ逃げ切って女王戴冠! (サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース


陸上競技などや競馬などの
「走る系」
の競技はよく展開の向き不向きにより結果が変わってしまう(だろう)という事があります。
レースは生き物、そんな表現をしていいのです。
流れを味方にし、持てる力を発揮した者がよい結果となります。



勝ち馬レッツゴードンキと一番人気馬ルージュバックとの比較記事↓


岩田ドンキが仕掛けた魔の桜花賞ペース - スポーツナビ


レースが始まってから臨機応変に対応したレッツゴードンキの岩田康成騎手(この人も兵庫県競馬組合・園田競馬場からの移籍騎手)
「95%の作戦から5%の作戦に切り替えた」
「笑ってしまうくらいのスローペース」
とルージュバックの戸崎圭太騎手
「動くに動けなかった」
のコメントの対比、そして3着馬コンテッサトゥーレのクリストフ・ルメール騎手の言葉、
「funnyなレース」
不思議な感覚に陥ったのは当事者も同じでした。


勝ち馬レッツゴードンキは現時点で出たレースは全て3着以内。
逆に言えば最初のレースを勝ってから昨日の桜花賞まで勝てませんでした。
勝てなかったからこそ敗戦を糧にして昨日の快走を生んだのでしょう。
桜花賞の勝利により2勝2着2回3着2回となりました。
おめでとうございます(^_^)
因みにレッツゴードンキの命名者は…


【桜花賞】勝ち馬命名者は『ドン・キホーテ』創業者 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース


やはりそうでしたか…
最近はドンキホーテに行く機会がないですね。
連休の合間にでも行ってみますか。



今後この形式のブログは
皐月賞(今週末開催)
オークス
日本ダービー
のレース後に書く予定です(-_-;)



ではではまた(^_^)


スポンサーリンク


.