落ち着いてマイペースで「詩」を書いています。
お時間のある時におこし下さい(^_^)
詩うたいの独り言
10/19「衣替え」掲載
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気紛れ詩歌いの勉強会

天賦留(てんぷとどむ・てんぷる)です。自称Webミンネゼンガー(吟遊詩人)です。凝り性による多忙につきほぼブログ発信のみとなります。ご了承下さい(-_-;)読み逃げ歓迎(笑)

詩No.13ー僕の相棒弁当箱

f:id:tenpurusan:20150222164640j:plain


僕の日々の パートナー
鞄に財布 携帯電話
筆記用具の 片隅に
でんと構える 君がいる



君と一緒に 乗り越える
通勤ラッシュの 障害を
右へ左へ 振られても
でんと構える 君がいる



僕にとっての 舞台場は
君にとっての 舞台裏
暗闇でじっと 待っている
上手(かみて)のドアが 開くまで



チャイムと共に 君を取り
守ってくれてた 中を取る
カーテンコールは 帰宅後の
スポンジ泡と 迎えます



copyright 2015 tenpu-todomu



.



追伸。
バグによりまだ改行がうまくいきません(泣)
今回は大丈夫かな(>.<)


スポンサーリンク


.