落ち着いてマイペースで「詩」を書いています。
お時間のある時におこし下さい(^_^)
詩うたいの独り言
10/19「衣替え」掲載
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気紛れ詩歌いの勉強会

天賦留(てんぷとどむ・てんぷる)です。自称Webミンネゼンガー(吟遊詩人)です。凝り性による多忙につきほぼブログ発信のみとなります。ご了承下さい(-_-;)読み逃げ歓迎(笑)

詩No.9―新成人へ

f:id:tenpurusan:20150112112325j:plain



僕も昔は そうだった
その頃よくは 解らなかった
大人になる という事が
大事な儀式 という事を



駆けずり回った 十代に
きちんと別れ 告げるのさ
そして 輝く未来に向けて
足跡 刻んで行くんだよ



僕は そうして生きてきた
先人も きっとそうでしょう
その後 昔を振り返った時
悔いを残さぬようにする



今日という日を 大切に
心に深く 刻み込む
明日以降も 歩いてく
己の道を 捜す旅路へ



copyright 2005-2015 tenpu-todomu




今週のお題「おとな」
連動企画。
たまたまですが。
新成人になったからといって急には変われないし変わらないから各々がどう感じるか、ですね。
ではではまた。


スポンサーリンク


.