落ち着いてマイペースで「詩」を書いています。
お時間のある時におこし下さい(^_^)
詩うたいの独り言
10/19「衣替え」掲載

気紛れ詩歌いの勉強会

天賦留(てんぷとどむ・てんぷる)です。自称Webミンネゼンガー(吟遊詩人)です。凝り性による多忙につきほぼブログ発信のみとなります。ご了承下さい(-_-;)読み逃げ歓迎(笑)

詩No.4―駄菓子屋

f:id:tenpurusan:20141218193641j:plain


昔我が家の 近所には
小さな駄菓子屋 ありました
学び舎から出て 服着替え
脇目も振らず 一目散



色んな駄菓子が 小綺麗に
ギューギュー詰めに 置いていた
僕が楽しみに してたのは
当たりくじ付き 長い棒



そう簡単には 当たらない
夢中を超えて 意地になり
小遣い全部 使いきり
後でお目玉 食らったな



今では街並み 模様替え
よくある店に 化けていた
当時を偲ぶ 跡はない
思い出だけが 突き刺さる



copyright 2005-2014 tenpu-todomu





追記
僕のブログの詩の部分は短期間目的のブログではありません。
今だけが目的ではなく後々このブログの存在を知ってくれた方々が落ち着いて読み返せるようにしたいのが目的です。
焦らずゆっくりと、でも着実に。
これからもよろしくお願いいたします。


スポンサーリンク


.