落ち着いてマイペースで「詩」を書いています。
お時間のある時におこし下さい(^_^)
詩うたいの独り言
10/19「衣替え」掲載

気紛れ詩歌いの勉強会

天賦留(てんぷとどむ・てんぷる)です。自称Webミンネゼンガー(吟遊詩人)です。凝り性による多忙につきほぼブログ発信のみとなります。ご了承下さい(-_-;)読み逃げ歓迎(笑)

サイレンススズカは永遠なりー短歌の目第9回11月作品

お久しぶりです(-_-;)
とりあえずこれだけ先に出しておきます。


短歌の目第9回11月のお題と投稿一覧です - はてな題詠「短歌の目」



f:id:tenpurusan:20151109182412j:plain




1. シチュー

バラバラの夕食一家を繋ぐ絆
個分けシチューと型落ちレンジ



2. 声

欅道歓声裂いた
サイレンススズカの涙*1胸に刻めり



3. 羽

黒板をアート導く白チョーク
受け継がれし羽衣伝説



4. 信

家族でも信書の秘密遵守する
知られたくない夢はあるから



5. カニ歩き

伝言板 スグキテチカニ 歩き先
茶店の君読む雑誌はゼクシィ



6. 蘭

秋の華新装祝いの胡蝶蘭
独自の色付く思いを込めて



7. とり肌

川ほとり肌からっ風道の友
あの頃の夢まだ半ばの志



8. 霜

遊歩道楓艶づく霜葉で
手土産551蓬莱*2



9. 末

筆折った未来日記の結末は
脳庫の隅に女々しく保管



10.【枕詞】ひさかたの

ひさかたの三日月赤い糸結び
通話で届け心の光


copyright by 2015 tenpu-todomu

*1:解説→第118回天皇賞

*2:霜葉=そうよう・551蓬莱=ごーごーいちほうらい


スポンサーリンク


.